腎臓病の的確な食事療法・食事制限

慢性腎臓病を患っていても食事療法・食事制限が的確ならば、体内に老廃物や毒素は蓄積されていきません。老廃物が残らない状態になれば尿毒症を未然に防ぎ、慢性腎臓病の症状進行のペースを遅くできます。沿うとう上手にいった場合、腎臓病はもう進行しなくなったのではないかと考えられるぐらいに遅らせられるようになります。食事療法・食事制限は自分には厳しいのではないかと考える方がいますが、決してそのような事はありません。食事療法・食事制限は、患者が自ら意欲的に手掛けられる最善の治療方法です。人体におけるいわゆる3大栄養素が糖質・たんぱく質・脂質になります。糖質と脂質は体内で燃焼されることにより水と二酸化炭素に変化し、腎臓や肺に居座り継続する事ありませんが、たんぱく質に関しては分解する事で7~8割は窒素を含んだ老廃物となり排泄する際、少なからず腎臓に負担が出ます。なので、意図的にたんぱく質の摂取量を抑える重要性があります。健康体であるための最低限のたんぱく質摂取量は体重1kg当たり0.6g/日が重要とされ、一日分で言えば30~40gに相当します。カリウムは水溶性の成分であるため野菜・芋類を献立に入れる場合、小さめのサイズに切って茹でこぼすか水にさらしてから調理しましょう。茹でる事で除外できるカリウムの量は、個々の食品や調理を行なう際の水分量・形状・所要時間によって変化が見られます。一般的にはほうれん草等の葉物野菜だと45%、いんげん等の未熟豆類で30%近く除外可能です。小さめのサイズに切る、茹でた後はしっかり水を切る、きちんと搾る事で効果は高まります。食事をして摂り入れたたんぱく質は、体内で代謝され、不要なものは老廃物となり血液中にたまります。血液は腎臓の内部で分離され、老廃物は尿として排泄されます。たんぱく質を余分に摂れば、それだけ不要な老廃物が増えるので、腎臓に与える負荷が増してしまいます。腎機能を維持する上で、日頃からたんぱく質の摂取量には目を配る重要があります。ですが、たんぱく質は人体にとって重要不可欠な栄養源なので、適切な量は摂取する重要があります。クレアチニンに関しては筋肉中にある物質を通じて生成される老廃物になり、腎臓に届いて分離がおこなわれた末に尿と合わせて体外へ排出されます。クレアチニンの量は、筋肉や運動量で変わってきます。故に、大抵の場合男性の方が高めの数値が出るようなのです。筋肉が衰えてくると、当然クレアチニンの数値も下がります。この他に、女性の場合妊娠時に、尿から排出するクレアチニン量が飛躍するので、平常時にくらべてクレアチニンの値が下がっていきます。腎臓病を患った方が行なう食事療法のポイントは、慢性腎臓病の進行ペースを遅くさせる事と、体調を良好に保つことにあります。人工透析実行前のいわゆる保存期の方ならば、食事療法・食事制限次第で腎不全が進行しないようにできますし、結果的に透析を開始する時期を遅くできます。更に言えば、人工透析開始後も、なるべく体調を崩さずに人工透析に望むために、食事療法・食事制限は重要不可欠です。肉や魚・卵・豆腐にはたんぱく質が多くふくまれており、食べ過ぎないように工夫する重要があります。甘いものには意外にたんぱく質が多くふくまれています。おやつは小豆や牛乳・卵を活用して作られているので、エネルギー補給のためとは言え食べ過ぎれば、基準値を超えたたんぱく質を摂取する事になります。たとえば、ショートケーキひとつには卵1個に近いたんぱく質が含有されています。腎臓病に悩まされる方にむけて、低たんぱく質で済む特定な食品が製造されています。こうした製品を上手に活用する事で徹底した食事管理を行なえます。腎臓機能が下がっていくに従い、より厳しく食事を徹底しないとなりません。その他に、糖尿病を患う方なら血糖値をキープする観点から、エネルギー病理制限も追加されるのです。独断で食事プランをたてずに、医師(不足気味だといわれて久しいですね。選択の余地もないような地域も少なくありません)や管理栄養士の指導を受けて決めるようにしましょう。浮腫が凄かったり尿があまり出ない時は、塩分のみでなく水分の調整ももとめられます。こうした際の病理制限は、飲料水に限らず、食品にふくまれる水分量も含めます。浮腫具合が軽かったりそれ自体が無いのなら塩分の病理制限のみ行なう事となるでしょう。この場合の水分病理制限は病気の状態や尿量等総合的に踏まえて医師(不足気味だといわれて久しいですね。選択の余地もないような地域も少なくありません)が適切な数値を出します。脱水になるとかえって腎臓の機能低下につながるので独断で病理制限を行なう事は危険です。慢性腎臓病に罹ると糸球体にダメージが出るので正常な血流がおこなわれず、水分やナトリウムが体内に溜まりやすい状態になります。加えて尿と供に排出されて無くなるべき老廃物に至るまで、体内に加算されていきます。その結果 窒素が血液中に増えて、尿毒症の原因となったり、ナトリウムが増えて高血圧になったりということがおこります。そのため食事療法・食事制限では、適正な塩分・水分・蛋白質・エネルギー量を摂り続ける重要があります。
あわせて読むとおすすめなサイト⇒腎臓病食 宅配