うなぎは熱帯から温帯に生息しますが種類は18種程度

うなぎはウナギ科ウナギ属の魚類の総称です。うなぎといえば蒲焼きなど日本人の食文化と昔から深く関わり合いをもつ魚と考えられがちですが、本当のところは世界中の熱帯から温帯にかけて広く分布する魚で、その種類も18種類以上にのぼります。日本には、二ホンウナギとオオウナギの2種類が生息しています。このうち一般に料理に使用するのが二ホンウナギ。一方、オオウナギはその名前が示す通り、全長2m、体重20kgにおよぶ大型のうなぎで九州や西南諸島で食用にされています。鰻を食す習慣についての由来にはいろいろあり、讃岐国出身の平賀源内が考案したという説が定説になっています。それによると、商売がうまく行かない鰻屋が、夏に売れない鰻を何とか売るため源内の所に相談に行った。「今日丑の日」と書いて店先に貼ることを平賀源内は勧めた。すると、そのうなぎの蒲焼き屋はとても繁盛した。その後、他の鰻屋もそれを真似るようになり、土用の丑の日にうなぎの蒲焼きを食べることが習わしになりました。「おいしさ」とは、時代の流れよって変わる可能性があるはずです。近頃、世間には中国輸入のウナギがあふれかえり、若い世代は台湾産のうなぎの味に毒されています。その世代の中には、極上の「うなぎの蒲焼き」を頂いたことがないと言う人が多いと思います。これは何を意味するのか?日本特有のうなぎのおいしさがわかる若者が少なくなり、ウナギの基準は「台湾産のうなぎ」になってしまうと言うことです。極端に言えば、これは「日本の食文化の非常事態」だと想定されます。最近まで、色んな所で、各種のうなぎを食べてきました。 臭みの強い安いうなぎを食べて、何回も騙されました。うなぎ通販で買うなら、味、はやさとも「うなぎ専門店」がベストだと思ってます。うなぎ通販専門店の美食市さんは、味が良いうえに、品質と安全性にこだわりを持っておられます。幾ら値段が安くても、美味しくない鰻では、かえってお金がもったいないですからね。うなぎの蒲焼きの食し方は、お客様がたくさんいる、いそがしい繁盛店を選ぶことが大事です。蒲焼きの味を高めるものにタレがある。しかも鰻のエキスがたくさん溶け込んだタレほど、うまさを増すのである。また、蒲焼は温かいうちに食べることが肝要である。冷めたらおいしくありません。そこで、長い経験から出来た工夫で、うなぎの蒲焼きを入れるお重を湯で温めて出す地方もある。国産うなぎのみを販売するうなぎ通販ホームページは、選び抜いた特別な仕入先を持っています。更に、仕入れから販売までを全部担当することにより、ウナギの品質だけでなく、技と味が芸術的なうなぎ通販ショップが多く存在します!高級な鰻を確保・販売ができ、価格的にもブレない通販ショップは高い安全基準で、さらに上質な浜名湖産鰻を、いつでも自宅で最安値に食べられるので、うれしい限りです
管理人のお世話になってるサイト⇒うなぎ通販